ラダックの風息 空の果てで暮らした日々

ladakh

2007年の春、それまでWeb Designing誌の連載「CSS Analysis」の編集を担当していただいていた山本高樹さんは、突如仕事を休止してインド北部の山岳地帯ラダックに行ってしまいました。そこで長期滞在し、写真を撮って本にすると言います。

ラダックについては、山本さんのブログで写真を見たほかは、TOKIOの山口クンが出ていたラダックの番組を見た程度しか知りませんでしたが、それでも山本さんがそうしたくなる気持ちはなんとなくわかりました。そして、この本が出るのを、ずっと楽しみにしていました。

今日の午後、Amazonからこの本が届くと、けっきょく僕は最後まで読んでしまいました。山本さんのラダックでの生活も知りたかったですし、何よりも青空と笑顔が象徴的なラダックの写真をたくさん見たかったからです。想像どおりの素晴らしい本でした(というか、そんな過酷なことまでやってたんだと正直ビックリしました)。

3月10日(火)から5月8日(金)までの間、東京では写真展「ラダックの風息 儚い夏、凍てつく冬」も開催されているそうです。いいなぁ、東京の人は……。

Pocket

“ラダックの風息 空の果てで暮らした日々” への2件のフィードバック

  1. こんにちは。過分なご紹介、どうもありがとうございます。楽しんでいただけたようで、うれしいです。

    ‥‥はい、そうです、そんな苛酷なこともやってました(笑)。

  2. 最近、黄金伝説とかで芸人さんが色々やっていて「大変だな〜」と思いながら見ていましたが、まさか山本さんがそれを超えるようなことをしていたとは想像もしていませんでした。無事に戻って来られてなによりです。

コメントは受け付けていません。